アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

国会議員の妊娠「職務放棄?」をアメリカ人が見ると

アメリカ人女性と結婚した、のんです。

 

今朝こんなニュースを読んでいました。

 

blogos.com

 

国会議員任期中の妊娠は職務放棄だ」

 

という意見が少なからずあるようですね。

 

妊娠すると、

 

  • 仕事を休まなければならない
  • 産休、育児休暇で国会議員としての職務が果たせない

 

こういった懸念を持っている人がいるようです。

 

この話をしたら、妻は、

え?ここは現代の国なの?

という感じの反応でした。

 

え、今は江戸時代?

 

と一瞬いいそうになったそうですが、

「江戸時代の女性は妊娠中だろうと、出産前後だろうと結構働いていた」

ことを思い出して言うのをやめたようです。

 

ちなみにアメリカでは、

  • 出産直前まで職場で普通に仕事をする
  • 出産時に、病院に入院しても、泊まることはない
  • 帝王切開でもない限り、出産当日に退院
  • 出産後一週間ぐらいで職場復帰
  • その後はベビーシッターを雇い、普通に仕事する

こんなのが普通なので、

 

国会議員が妊娠で職務怠慢

 

なんて、アメリカではまったく理解ができない考えです。

 

 

日本では出産で結構休むし、職場に復帰しない人も多いよ。

 

と伝えると、「そのへんは江戸時代のほうが進んでるね」

とのことでした。。。

 

仮に妻が妊娠してもアメリカ式で通すと言い張っています。

(当日に退院させてくれる病院を探せ!と今から指示が出ていますので、ご存じの方は教えてください。)

 

女性がもっと働きやすい世の中になるといいですね!

 

のん