アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

僕は妻とケンカするためにロジカルシンキングの本を読む

f:id:nsclm:20170304232910j:plain

アメリカ人女性と国際結婚したのんです。

 

 

私たちはよく言い争いをします。

 

ただ、長時間お互いへの不満を引きずることはありません。

 

 

 

今日は、妻とケンカしました。

 

 

ただ、妻とのケンカには、

 

 

妻:なんでわかってくれないの?!私のこと全然わかってくれない!

 

のん:そんなことないよ。。

 

妻:ウソ!もう嫌だ!

 

 

こんな会話はありません。

 

 

 

言い争いになっても、とくとくとお互いの考えをぶつけ合います。

 

ケンカというより議論に近い口論かな。

 

 

 

ケンカの原因はアメリカ人、日本人としての文化の違い?

 

まず、言い争いになるとき、私達のような国際結婚だと、

 

それは文化の違いから来るものなのか?

 

はたまた、

 

妻自身、私自身が人としてだめなのか?

 

ここを探るところから始めると思います。

 

 

これがただの文化の違いから来る認識不足や勘違いなら、

 

アメリカだと普通はこう考える!

 

日本はこれが普通だよ?

 

ここからお互い歩み寄ります。

 

 

 

これが文化の違いではなく、お互いの欠点や怠けから来るときは、話し合って解決します。

 

アメリカ人の妻に日本人的な行動を期待するのが原因?

 

今日の言い争いのきっかけはこんな感じでした。

 

 

妻:早く次の場所に行きたい。

のん:この作業終わってからね。

 

 

日本人(の妻)だったら普通はこれ「手伝おうか?」なんて言ってくれるよな

 

こんな期待をして、見事に裏切られました。

 

アメリカ人だから仕方ないか

 

という思いがありながらも、心の片隅では

 

「日本人だったらこんな苦労しないのに

 

なんて思って苛立ちを覚えてしまいます。

 

 

そのいらだちを妻はすかさず感じ取って、

 

「何か話したいことあるの?話しましょう。」

 

ここからお互いの考えを英語でぶつけ合います。

英語での口論は、声の大きさもあり、はたから見たら大喧嘩に見えるかもしれません。

 

 

が、意外とお互い感情的にはなっていません。

 

 

 

僕は□□と思う、

 

一つ目は◯◯だから、そして××、あと、△△、

 

だから僕は◯◯と思うよ。

 

と、まずは私のターン。

 

ABでしょ、BCでしょ、CAといえるよね?

だからBCでもある、というのが私の考えよ。

 

けどあなたは違うという。どうしてそう思うの?

 

 

以下、いろいろなロジックで繰り返し。。

 

 

こういった理詰めの戦いになります。

 

ネコのトイレ掃除、食事後の皿の片付けから、忙しい時に仕事の分担をどうするのか?

まで、こんなやり取りで解決していかなくてはなりません。

 

 

最初はこのやり取りに疲れて疲れて、「もういいよ!」と感情的に終わらせていました。

 

けど、妻は食い下がってきます。

 

お互い納得して、ある落とし所を見つけないと絶対許してくれません。

 

今回はあなたのAという主張は受け入れるわ。けど、BCはだと私は考えてるからその部分は理解してほしい。

 

だいたいこういった譲歩をお互いがすることで決着を迎えます。

 

 

本当は具体例を書きたいのですが、うまく書けません!

 

昔の日本人の彼女達としていたケンカとはだいぶやり方が変わりました。

 

ちなみに、アメリカ人とケンカする時に役立つ本はこちらです。(アフィではないです) 

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

 

 

 別のケンカ記事もどうぞ

 

nsclm.hatenablog.com

 

のん