アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

エアコンつけっぱなしのアメリカ

こんにちは。アメリカ人女性と結婚したのんです。

 

だんだん涼しくなってきましたね。

そろそろ、暖房の事を考える季節になってきました。

 

冷暖房に関しては、妻と意見が別れることが多いです。

 

アメリカの家では24時間ずーっと空調が入っている家が多いです。

特に南部では、夏の間はお金持ちではない普通の家庭でも、24時間エアコンは入れっぱなしです。

電気料金は200ドル~300ドルになることもあるそうです。

 

アメリカの電気料金は日本のそれと比較しても安いので、相当な電力量を使っていると考えられます。(ざっくりワットあたり半額ぐらいな気がします。)

 

冬も、暖房をガンガンにたいて、家の中では半袖です。

 

寒い季節、暑い季節に順応しようとしてきた日本の文化と違い、アメリカはどう自然に打ち勝つかという方針で来たようにも見えます。

 

なので、アメリカ人が日本に来て不満に思うことの一つが、

「家の中が寒い、暑い」

ことです。

 

日本での冷暖房の使い方はアメリカとちょっと違います。

 

日本ではコタツが代表的ですが、家全体を暖める…というよりは、自分がいるスペースだけを暖める傾向があります。

 

暖房便座なんかもそうですね。日本でお馴染みの温かい便座も、アメリカではお目にかかることができません。

家全体が暖かいので、便座を温める必要が無いからです。

 

 

日本の電気料金は高いので、アメリカにいる感覚で24時間エアコンをつけていると、相当な電気料金になってしまいます。

 

仕方なく、日本式の暮らしに変更するアメリカ人も多いようです。

 

結果… 

 

「健康になった!」とかいう人もいますね。

 

我が家では夏は扇風機を使っていますが、「アメリカの50年代みたい…」と言われます。

 

のん