アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

魚が怖いアメリカ人

こんにちは、のんです。

 

日本ではシーフード好きな人多いですよね。

アメリカ人との結婚生活で一番困るかもしれないのがこれです。

 

アメリカ人は日本人より魚を食べません

 

もちろん地域や個人差はあるのですが、一般論として話していきます。

 

アメリカのスーパー、特に内陸部のスーパに行くと、

魚売り場自体無いことが多いです。

 

冷凍食品売り場に、「ティラピア」のフィレのバックが置いてあるぐらいです。

最近では日本食が流行ったこともあり、寿司が惣菜コーナーにおいてあるのですが、

もちろん生魚が一切入っていません。ツナぐらいですね。

 

こういった地域に住むアメリカ人が、日本に来て怖がるのが、

 

頭のついた魚

です。

 

今まで頭のついた魚を食べ物としてあまり見たことがないのです。

 

イワシとかサンマとか、頭がついた焼き魚なんかも嫌がります。(適応力がある人はすぐなれるんですけどね)

 

一番怖がられたのが、なんと、「しらす」です。

 

義母は「目がたくさんで怖い」と言っていました。

ある人は、「一口でこんなにたくさんの命を…」とdisgusted(相当嫌がって)いました。

(…もう死んでるんだけどね)

 

妻は魚の骨を嫌がります。

うまく取れないし、引っかかったら本当に死ぬと思っていそうです。

 

日本人ならさりげなく取り除ける魚の骨ですが、外国人にとっては箸で玉子の殻をむくぐらい難しく感じるようです。

あちらで売られている魚のフィレも全く骨がついていません。

(ついていたらクレームになるそうです…)

 

私は魚が大好きなので、アメリカには住めません!!

 

のん