アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

アメリカ人妻のごはんの食べ方に関する考察

f:id:nsclm:20150325234241j:plain

のんです。

 

昨日の続きで、食事に関するお話です。

うちでは二人の好みが違いすぎるので、同じ食卓で別のものを食べることが週に2日ほどあります。

 

最初はこれがストレスでした。

 

私は日本人なので、「食卓を家族で囲むときはみんなで同じものを、時にはシェアをしながら食べるのが普通だ」と無意識のうちに感じているわけです。

 

同じテーブルで二人が違うものを食べる。

「これ美味しいね!」

なんて会話が無いわけです。

今では割り切ることができたので、無理にお互いがお互いの好きなものを一緒に食べるということはありません。

 

残りの5日は私が作った、2人共食べられる献立で、同じものを食べます。

 

私がどうしても納得出来ない妻の食べ方が…これ。

食卓にご飯と、汁物を含めたいくつかのおかずが並んでいる場合、まず一つに箸をつけると、ほかのものには一切手を出さずになくなるまでそれを食べ尽くし、次の食事に手をつけると同じようにそればかりを食べ……といった食べ方である。片付け食い - Wikipedia

 

まず、ごはん、味噌汁、焼き魚、サラダを作ったとすると、焼き魚を必ず最後まで食べてから、味噌汁を終わらせる。ごはんを食べきって、最後にサラダを片付ける。

毎回この順番です。

私の感覚からすると、マナー悪いし、塩辛い焼き魚ばっかり食べ続けるのはどうなの?

と思うわけです。(おかず→ごはん→味噌汁を「三角食べ」というらしいです。)

けど、本人の中ではこれが本人なりの「マナー」なんですね。

確かに洋食のコースだと、一品一品運ばれてきて、一品終わらせたら次の料理に移りますが…

 

「日本だとその食べ方マナー違反だよ」

と伝えると、妻はショックを受けていました。

 

のん