アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

金を稼ぐこと

のんです。

f:id:nsclm:20150320203740j:plain

今日は自営業になって変わった自分の感覚について書いてみます。

 

私の父はとても理不尽な人でした。

子供の頃の私は、「父親みたいな人間にはなりたくない」と何度も何度も思っていました。

母親の人間性を子供の前で否定し、家では毎日酔っ払っていました。

 

そんな彼の口癖は「口答えするな!誰が食わしてやっていると思うんだ!」

大学に入学し、家を出るまで、事あるごとに彼の口からはこのセリフが出てきました。

子どもとしては、こんなことを言われたら何も言い返せません。

言い返せない代わりに、心のなかでは心底軽蔑していました。

 

「早く自分で稼げるようになりたい。家を出たい。」

いつもこんなことを思っていました。

 

就職して最初に開放されたのはこの部分かもしれません。

働くのは大変でしたが、それ以上に増して、「自由」を手に入れたことが嬉しかったです。

 

今は自分から父親に連絡を取ることはありません。

会ったらケンカをしてしまいそうで怖いのです。

今では「口答えするな!誰が食わしてやっていると思うんだ!」といえない父に対してたくさん口答えをしてしまいそうだからです。

父親は寂しそうにしているのですが、しばらく私の方は「大人」になれそうもありません。

今は脱サラして、サラリーマン時代よりも「金を稼ぐ」ことに真剣になりましたが、お金持ちになりたいというよりは、「一度手に入れた自由を手放したくない」という気持ちが強いのかもしれません。

 

不安を消すために、今日も私は働きます。

 

のん