アメリカ人(女)と結婚した日本人(男)の日記

日々思ったこと、アメリカとの文化の違いについて

国会議員の妊娠「職務放棄?」をアメリカ人が見ると

アメリカ人女性と結婚した、のんです。

 

今朝こんなニュースを読んでいました。

 

blogos.com

 

国会議員任期中の妊娠は職務放棄だ」

 

という意見が少なからずあるようですね。

 

妊娠すると、

 

  • 仕事を休まなければならない
  • 産休、育児休暇で国会議員としての職務が果たせない

 

こういった懸念を持っている人がいるようです。

 

この話をしたら、妻は、

え?ここは現代の国なの?

という感じの反応でした。

 

え、今は江戸時代?

 

と一瞬いいそうになったそうですが、

「江戸時代の女性は妊娠中だろうと、出産前後だろうと結構働いていた」

ことを思い出して言うのをやめたようです。

 

ちなみにアメリカでは、

  • 出産直前まで職場で普通に仕事をする
  • 出産時に、病院に入院しても、泊まることはない
  • 帝王切開でもない限り、出産当日に退院
  • 出産後一週間ぐらいで職場復帰
  • その後はベビーシッターを雇い、普通に仕事する

こんなのが普通なので、

 

国会議員が妊娠で職務怠慢

 

なんて、アメリカではまったく理解ができない考えです。

 

 

日本では出産で結構休むし、職場に復帰しない人も多いよ。

 

と伝えると、「そのへんは江戸時代のほうが進んでるね」

とのことでした。。。

 

仮に妻が妊娠してもアメリカ式で通すと言い張っています。

(当日に退院させてくれる病院を探せ!と今から指示が出ていますので、ご存じの方は教えてください。)

 

女性がもっと働きやすい世の中になるといいですね!

 

のん

 

 

遺産をわけている時に見たアリとキリギリス

f:id:nsclm:20170619150419j:plain

祖父が亡くなった。

 

地方都市の中心部から離れた田舎で、職人として働き始めて60年。

 

広告なんて一切したことがないのに、祖父の腕を求めるお客さんは全国にいた。

惜しまれつつお店を閉めて、わずか2週間後に逝ってしまった。

 

「仕事を生きがいとする人」

 

というページがWikiにあれば、ぜひ彼について書いてみたい。

そんな人生を歩んだ人だった。

 

仕事が好きで、お客さんに喜んでもらえるよう職人として努力を続ける…

そんな日々を静かに送っていました。

 

 

お葬式には、孫達が10人集まった。

祖父は生前、孫達をみんな分け隔てなくかわいがってくれた。

 

8人が地元で成長し、そのうち半分が中卒で、他の半分が工業高校や商業高校を卒業して働いてる。

まるで判を押したように同じ見た目で、金髪茶髪でちょっと改造した軽自動車で会場まで来て、お葬式に参列した。

俗に言うマイルドヤンキーというやつかな?

 

祖父も時々お小遣いをあげたりして、(中にはやんちゃしすぎて心配をかけるものもいましたが)、いつもみんなを気にかけていた。

 

残りの2人は、都市部で生まれ、国立大学、旧帝大に行って、「たくさん勉強しなさい」と幼い頃から言い続けていた祖父を大変喜ばせた。

会う人会う人、「うちの孫の◯◯は旧帝大に行って…」と自慢していたようだ。

(それまでは、友人知人の自慢話を聞く側だったので、なおさら嬉しかったようす。友人知人は地元の進学校に行った孫を会うたびに祖父に自慢していました。)

 

親戚の中には旧帝大に行ったAくんの名前を生まれた赤ちゃんに付ける…というほどすごいことだった。

 

だいたいどんな土地柄かイメージしてもらえたかも…。

 

 

葬儀も終わり、祖父の家で片付けをしていたところ、

仕事の作業場から、

60年〜40年前の遺品がたくさん出てきた。

例えば、

 

国鉄時代の電車に付ける行き先看板

昔のトヨタ自動車のカタログ

ブリキのおもちゃ

日本で初めて発売されたと思われる電化製品

古銭

などなど、

 

昭和資料館とかに置けそうな品が、作業場の倉庫からぞくぞくでてきた。

 

みんな、はしゃぎながら遺品を見てた。

「すげー!」「これお宝鑑定団に出せんじゃね?」「メルカリで値段調べてみよ」

 

と、みんなそれぞれ好きなものを持ち帰る。

 

遠方からの参加だったので、私は何ももらわなかったけど、

 

「祖父の遺品」なのに、売っぱらう前提で分け合っているマイルドヤンキー達がなんだか場違いな存在に感じた。

 

みんなどんどん、売れそうなものを軽自動車に積んでいく。

 

 

私とAくんは、祖父のアルバムをずっと見つめていた。

 

お客さんと一緒に写った写真、祖父母の結婚式の写真、私達の親が生まれた時の写真。

祖父にだっこされている幼いころのAくんの写真。

 

 

マイルドヤンキーのうちの1人が、

 

「お前らは何もいらないの?なんかもらっていきなよ?」

 

Aくん

「うーん、そうだな。俺はこれもらうよ。」

 

そう言って彼はあるものを拾い上げた。

 

その瞬間、マイルドヤンキーの孫達は一斉に笑い始めた。

「うっそ、」「まじかよ」みたいな典型的な嘲笑。

 

 

Aくんが拾い上げたのは、祖父がどこかの旅行に行った時に買ったであろう、木製の置物。

 

よく、日光とか浅草に売っていそうな

「努力」

と彫り込まれた、あの置物。

 

「おまえ本当にそんな物欲しいの??」

 

「やっぱり変わってるな!」

 

とひとしきり小馬鹿にされていたのですが、Aくんは「努力」と彫り込まれた、その置物を大事そうに持ち帰った。

 

 

それだけの話ですが、Aくんは努力を怠らず幸せな人生を終えたばかりの祖父に、何かを感じていたのでしょう。

 

みんなに笑われた「努力」の置物はきっとAくんにとって素晴らしい財産になるに違いありません。

 

アメリカ人の妻にこの話をしたところ、

私も「努力」の置物ほしい!なんでもって帰ってこなかったの?

最高にCool!なのに。

って怒られました。

 

 

 

 

僕は妻とケンカするためにロジカルシンキングの本を読む

f:id:nsclm:20170304232910j:plain

アメリカ人女性と国際結婚したのんです。

 

 

私たちはよく言い争いをします。

 

ただ、長時間お互いへの不満を引きずることはありません。

 

 

 

今日は、妻とケンカしました。

 

 

ただ、妻とのケンカには、

 

 

妻:なんでわかってくれないの?!私のこと全然わかってくれない!

 

のん:そんなことないよ。。

 

妻:ウソ!もう嫌だ!

 

 

こんな会話はありません。

 

 

 

言い争いになっても、とくとくとお互いの考えをぶつけ合います。

 

ケンカというより議論に近い口論かな。

 

 

 

ケンカの原因はアメリカ人、日本人としての文化の違い?

 

まず、言い争いになるとき、私達のような国際結婚だと、

 

それは文化の違いから来るものなのか?

 

はたまた、

 

妻自身、私自身が人としてだめなのか?

 

ここを探るところから始めると思います。

 

 

これがただの文化の違いから来る認識不足や勘違いなら、

 

アメリカだと普通はこう考える!

 

日本はこれが普通だよ?

 

ここからお互い歩み寄ります。

 

 

 

これが文化の違いではなく、お互いの欠点や怠けから来るときは、話し合って解決します。

 

アメリカ人の妻に日本人的な行動を期待するのが原因?

 

今日の言い争いのきっかけはこんな感じでした。

 

 

妻:早く次の場所に行きたい。

のん:この作業終わってからね。

 

 

日本人(の妻)だったら普通はこれ「手伝おうか?」なんて言ってくれるよな

 

こんな期待をして、見事に裏切られました。

 

アメリカ人だから仕方ないか

 

という思いがありながらも、心の片隅では

 

「日本人だったらこんな苦労しないのに

 

なんて思って苛立ちを覚えてしまいます。

 

 

そのいらだちを妻はすかさず感じ取って、

 

「何か話したいことあるの?話しましょう。」

 

ここからお互いの考えを英語でぶつけ合います。

英語での口論は、声の大きさもあり、はたから見たら大喧嘩に見えるかもしれません。

 

 

が、意外とお互い感情的にはなっていません。

 

 

 

僕は□□と思う、

 

一つ目は◯◯だから、そして××、あと、△△、

 

だから僕は◯◯と思うよ。

 

と、まずは私のターン。

 

ABでしょ、BCでしょ、CAといえるよね?

だからBCでもある、というのが私の考えよ。

 

けどあなたは違うという。どうしてそう思うの?

 

 

以下、いろいろなロジックで繰り返し。。

 

 

こういった理詰めの戦いになります。

 

ネコのトイレ掃除、食事後の皿の片付けから、忙しい時に仕事の分担をどうするのか?

まで、こんなやり取りで解決していかなくてはなりません。

 

 

最初はこのやり取りに疲れて疲れて、「もういいよ!」と感情的に終わらせていました。

 

けど、妻は食い下がってきます。

 

お互い納得して、ある落とし所を見つけないと絶対許してくれません。

 

今回はあなたのAという主張は受け入れるわ。けど、BCはだと私は考えてるからその部分は理解してほしい。

 

だいたいこういった譲歩をお互いがすることで決着を迎えます。

 

 

本当は具体例を書きたいのですが、うまく書けません!

 

昔の日本人の彼女達としていたケンカとはだいぶやり方が変わりました。

 

ちなみに、アメリカ人とケンカする時に役立つ本はこちらです。(アフィではないです) 

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

 

 

 別のケンカ記事もどうぞ

 

nsclm.hatenablog.com

 

のん

 

 

 

 

 

 

となりのトトロがアメリカ人に与える衝撃について

お久しぶりです!

 

国際結婚生活もなんとなく平穏につづいております。

 

 

最近となりのトトロが地上波で放送されまして、妻と一緒に仕事場のテレビで観ておりました。

 

 

妻はジブリは知っているものの、「トトロ」を観るのは初めて。

 

 

しばらくして、

 

「That's not gonna happen in US!」

「アメリカじゃありえないわ!」

 

とかいつものように言い出すわけです。

 

 

「なにが?」

 

 

 

と聞くと、

 

お父さんと、メイ、さつきが一緒にお風呂に入っているシーンでした。

 

 

アメリカでは、赤ちゃんの時でさえ、家族でも一緒にお風呂には入りません。

 

ましてや、さつきぐらいの年齢でお父さんとお風呂に入るなんて絶対ありえません。

 

 

Pedophile (要はロリコン)扱いされかねません。

 

f:id:nsclm:20161105131241j:plain

 

そういえば、以前友達の家族と温泉旅行に行ったとき、貸し切りの家族風呂だったので、友達の奥さんがカメラで彼女の娘達(3歳、4歳)の写真を撮ったのでした。

 

その写真をわたしに見せてきて、「すごいはしゃいでたよ!」と悪気なく話をしていたのですが、

 

私の妻は猛烈に怒っておりました。

 

 

みなさんもアメリカ行く機会があれば、たとえ自分の子供でも、裸の写真や一緒にお風呂に入っている写真なんか見せるのはやめましょう!(めったにないとは思いますが。。)

 

 

 

日本に住む外国人のクレジットカード事情

アメリカ人女性と結婚したのんです。

 

周りの外国人と話をしていてよくある悩みが、

 

 

「クレジットカードをもてない」

 

 

ということです。

 

いろいろなクレジットカード会社にトライするのですが、みなことごとく審査に落ちてしまいます。

 

 

今の時代、クレジットカードがないと色々困ることがあります。

 

特に外国人は、日本でで手に入らない食材や洋書など(電子書籍ならなおさら)ネットでよく買っていますので、クレジットカードがあればどんなに楽になることか…。

 

日本に来たばかりの信用力のない外国人がカードを持てないというのは納得できます。

 

ただ、「明らかに一部の日本人より信用力あるよね?」

って外国人でもなかなかカードを作れないのです。

 

例えば、

 

10年以上日本に住んでいるアメリカ人女性、収入400万円ほど→5社落ちる。

某スーパーマーケットの最下級カードも落とされる。

 

8年日本に住んでいるアメリカ人男性、収入400万円ほど、日本人の奥さんあり。

→今まで10社以上申し込んで1社も審査が通らない。。

 

 

 

日本人だったら無職でも手に入るカードは多々あります。

 

ですが、そんなブランドも審査が通らないのです。。

 

 

 

 

実は、私、外国人でも取れるクレジットカードを発見しました!!

アコムとか消費者金融系のクレジットカードじゃないですよ!)

 

 

 

 

あなたの周りで「どうしてもカードを作りたい!」という方がいれば、この裏技を教えてあげて下さい。

 

 

 

そのカードとは…

 

 

 

 

◯ネサンスのジムに入会する時に手に入るEAONカードです!!

 

 

ル◯サンスのジムは会費の回収にクレジットカードを会員に作らせます。

このカードはなぜか外国人でもすぐ発行されるのです。

 

どうしてもカードがほしい!というお友達がいれば教えてあげて下さい。

 

(ちなみにジムに通う必要がありますが、退会してもカードはもち続けることができます!) 

 

のんでした。

 

お葬式に来ています

お久しぶりです。

アメリカ人女性と結婚したのんです。

 

今日は、親類のお葬式に来ています。

 

お葬式といえば、「黒の礼服」ですが、

 

妻は、「赤いドレスをきたい」としばらく言い張っていました。

 

少しケンカになりました…。(このバタバタしているときに…)

 

 

アメリカ人はお葬式ではドレスの色あまり気にしません。

 

葬式=黒の礼服

 

ではないです。(昔の映画なんか見てると、黒の礼服着てるんですけどね)

 

日本でも、数年前まで、

 

結婚式に参加する男性=黒の礼服

 

だったものが、今ではかなりカジュアルな服装で参加する人もいるのではないでしょうか?

 

まぁ時代とともに変わるんですね。

 

日本の葬式も、赤いドレスで出れる日が来るのかも…

 

 

のんでした。

アメリカ人男性が嫌う日本人女子ー3つのポイント

アメリカ人女性と結婚したのんです。

 

ブログのアクセス履歴を見ると、圧倒的にこちらの記事のアクセスが多いです。

 

nsclm.hatenablog.com

 

やっぱり日本人女性がアメリカ人男性を狙う…というパターンが圧倒的に多そうですね。

控えめに言って、日本人男性はアメリカ人女性と相性良くないと思います(汗)

その逆は結構いけるはずです。

 

日本人女性は、日本人男性と付き合うより楽ちんだと思いますし、オススメしたいです。

 

で、想像するに「アメリカ人男性をどうやってものにするか」を考えて私の記事にたどり着く女性が多そうです。

 

妻も日本人女性から相談を受けることが多く、このことについては妻とも色々と話をしてきたので私なりの考えもあります。

 

残念な日本人女子

挑発的なタイトルですが、怒らないで下さい。

実際に残念な日本人女子を見てきました。

 

「どうしたらGaryくんに好きになってもらえるのかな〜?」

 

なんて悩む前に、あなた、嫌われるようなことしていませんか?

 

 

アメリカ人が嫌う日本人女子の言動

 

会ってすぐに、相手のスタイルを褒める

アメリカ人男性に興味のあるあなた。心当たりありませんか?

 

かっこいい外国人男性を紹介されて、「頭小さい!」「足長っ!」「鼻たかっ!」

なんて言ったことないですか?

 

わかってます。褒めてるつもりだったんですよね。

 

けど相手は、かなりうざがっていたと思いますよ。

 

相手は外国人だということを忘れていませんか?

 

日本人に「頭小さいね」と言ったら相手は喜ぶでしょう。

 

元々日本人より頭が小さめの人が多い外国人に、

「頭小さいね」

なんて言ったら、「お前の頭がでかいんだよ」

って思われてると思いますよ。

 

「彫り深い〜♡」って言っている日本人女子も見かけました。

(彼女はその男Garyくんに好意があったんですが…)

 

Garyくんからすれば、「お前の顔が平らすぎるんだよ!」

ってイライラしてたでしょう。(実際ひいてました。)

 

相手に好きになってもらいたいなら、見た目を褒めるのはやめましょう。

 

日本の文化を知ってるか試す

これも外国人が「またかよ」って思う代表格。

 

初対面の外国人に、

「なっとう食べれる?」「寿司、刺し身は?」「他人と温泉入れるの?」

とか聞きがちですよね。

 

相手に好かれたいならこれもやめましょう。

 

相手は日本に来て何度も何度も何度もおなじ質問を日本人女子から受けてるはずです。

 

ライバルのあの女と差を付けたいなら、

「どんな音楽が好きなの?」「スポーツ好き?」「最近映画見た?」

 

こんなさりげない質問なら、「この子、まともだな」

って思ってくれるはずです。

 

知らないふりをしてかわいさアピール

これも怒られちゃいそうですが、実際に何度も見たので書きます。

 

日本人同士の合コンでも見たことあるのですが、

「え〜なにそれ、わからな〜い!教えて!」

って知らないふり?して相手を立てる戦略を使う女子をよく見かけます。

 

これ、バカな日本人男子なら、得意になって説明し、自意識が満たされ、その女の子に好意を持っちゃうパターンです。

 

 

しかし…

 

 

残念ながらアメリカ人の男の子には効果なしです!

 

映画とか、読んだ本の話とかで盛り上がっている時に、

 

「え〜なにそれ、わからな〜い!教えて!」

 

 

よりは、

 

「そうそう、けど私はあの本についてはこう思うんだ。Garyくんはどう思う?」

こんな子の方が絶対好かれます。

 

 

知的で、自分の意見を持っていて、クールな女の子に惹かれる人が多いです。

 

実際、アメリカ人の旦那さんがいる日本人の女性は、クールな人が多いイメージがあります。

こういう女性は日本人の女友達はあまり多くないんですよね。

 

相手にどう好かれるかを考えるよりは、嫌われるようなことをしないだけで、ライバルを突き放せます。(それだけ嫌われる行動をする女子が多いです…) 

 

今日はもう疲れたのでここまでにします。

異論・批判等あればコメントにどうぞ。

 

のん